黒石市のレストラン御幸(村上陽心店長)が、伝統のステーキソースをインバウンド(訪日外国人客)向けの新たな土産品「J1ステーキソース」として商品化した。黒石市産のリンゴと県産ニンニクなどを使った無添加の和風ソースで、村上店長は「日本を代表するステーキソースとして海外に広がってほしい」と期待を込める。レストラン御幸と松の湯交流館で販売している。
 レストラン御幸はオリジナル商品作りに取り組んでおり、これまで「牡蠣(かき)お重」や「根曲(ねまが)り竹の炊き込みごはんの素」を販売。今回のステーキソースは第3弾となる。
 商品は、内容量330ミリリットルで販売価格は950円(税込み)。
【写真説明】レストラン御幸伝統のステーキソースをお土産品とした「J1ステーキソース」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。