弘前市の弘果・弘前中央青果と板柳町の津軽りんご市場で23日、2018年産リンゴの止め市が行われた。18年産は台風や黒星病に見舞われたが、大玉傾向や東南アジアへの輸出増加を背景に、両市場とも平均単価を高水準で維持した。取扱金額も堅調で、津軽りんご市場は4度目の100億円台となった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。