石の色の濃淡で人物を描く田舎館村の石のアートの新作「男はつらいよ『車寅次郎』」がほぼ完成し、展望台からの観覧が23日、スタートした。黒、白、灰色の石を使った面積680平方メートルの巨大な“モノクロ写真”には、背広を肩に掛けた寅さんが鮮明に浮かび上がり、観光客らを出迎えている。
 観覧期間は5月6日までで、時間は午前9時~午後5時。6月15日から観覧を再開する。
【写真説明】田舎館村の石のアート「男はつらいよ『車寅次郎』」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。