リンゴの葉や果実の表面に黒い斑点が出る病害「黒星病」。薬剤が効かない耐性菌などを背景に、昨年は津軽地域に広く伝染した。農薬メーカーが開発する新たな薬剤登録までの対策は、予防が重要になる。黒星病の胞子が飛散する時期を迎え、県は事例集やリーフレットの配布などを通じて予防の徹底を呼び掛けている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。