ドライブレコーダーの記録を提供してもらうことで交通事故や事件の捜査に活用しようと、黒石警察署(三上民哉署長)と平川市は22日、記録データ提供の協定を締結した。
 警察署と自治体が記録提供の協定を結ぶのは本県で初めて。
 市は昨年、職員の安全運転の意識高揚、責任の明確化を図り、所有する公用車全62台と消防団の車両全40台にドライブレコーダーを設置した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。