「なんまいだーぶ、なんまいだー」。板柳町の日新地区では、地域の安全などを祈願する伝統行事「百万遍(ひゃくまんべん)」が現在も行われている。世帯数40弱の同地区だが、伝統行事を通じて住民は親睦を深め合っており、無病息災を願う昔ながらの行事が地域コミュニティーの形成にも一役買っている。
【写真説明】伝統行事「百万遍」を通じて、親睦を深め合った地区住民たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。