津軽地方のクラフト作家らによる展示販売会「津軽手づくり市 Vol.2」(アップルウェーブ文化振興部主催)が20日、弘前文化センターで始まった。手作りならではの魅力あふれる工芸品、雑貨、アクセサリーなどが展示、販売されている。今後の開催日は21日と5月4、5日。
 イベントには全日程合わせて40店余りが出店予定。20日は、こぎん刺しのバッグや小物入れなどを並べた「津軽こぎん」や、リンゴの葉や枝で染めた作品が目を引く「りんご草木染め工房」、手作りビーズアクセサリーを販売した「seeds」など、14店が軒を連ねた。来場者は作家との触れ合いを楽しみながら、お気に入りの一品を探し歩いた。
【写真説明】手作りならではの魅力あふれる作品が数多く並ぶ「津軽手づくり市 Vol.2」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。