日本有数の桜の名所として知られる弘前公園で20日、弘前さくらまつりが開幕した。弘前市は青空に恵まれ、午前から多くの市民、観光客が咲き始めたソメイヨシノを楽しんでいる。
 市公園緑地課が午前11時現在で発表した「さくら情報」によると、外堀南側・東側は一部咲き、園内と外堀北側、西濠西岸は咲き始め。外堀と園内は24日には満開に達する見通し。
 初日は本丸で開会式が行われ、櫻田宏市長らのあいさつに続き、園児らが空高くカラフルな風船を飛ばし、5月6日までの祭り開幕を祝った。
【写真説明】開会式では園児たちが風船を空高く飛ばし、開幕を祝った=20日午前10時30分、本丸

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。