弘前市の中三弘前店で18日、横浜・中華街展が始まった。餃子(ぎょうざ)や小龍包(しょうろんぽう)、中華まんといった中華街の味が勢ぞろいし、訪れた市民らが次々と買い求めた。23日まで。
 同店営業企画担当の樋口貴彦さんは「本場の味がそろっているので、ぜひ来店し楽しんでほしい」と呼び掛けた。午前10時から午後7時まで。最終日は午後4時まで。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。