脱線事故で運休していた弘南鉄道大鰐線は17日、事故現場を含む全区間で安全が確認できたとして、同日午後7時半から上下線の営業運行を再開した。14日夜の事故から3日ぶりの全線運行で、大鰐と中央弘前とを結ぶ“地域交通の要”の復旧を待ちわびた市民らが早速利用していた。18日も始発から平常通り運行する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。