14日午後6時52分ごろ、弘前市紙漉町の弘南鉄道大鰐線弘高下踏切付近で、中央弘前駅発大鰐駅行き上り列車(2両編成)が脱線した。乗客と乗務員11人にけがはなかったが、事故で同日と15日の上下合わせて48本が運休し、計約1350人に影響した。同日、運輸安全委員会などの調査により、列車は現場近くのカーブで脱線したとみられることが分かった。弘南鉄道は現場の復旧作業と同線全区間の安全確認を実施。16日も引き続き事故調査と安全対策を行うため、全区間で運転を見合わせる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。