津軽地域では統一地方選後半戦のスタートとなる弘前、黒石両市議選が14日に告示された。弘前、黒石とも立候補者が定数を上回り、1週間の選挙に入った。投票はともに21日に行われ、即日開票される。
 弘前市議選は定数28に対し、現職25人、元職1人、新人10人の計36人が立候補。
 黒石市議選は定数16に対し、現職15人、元職1人、新人1人の計17人が出馬した。
※表の見方=左から氏名、年齢(投票日現在)、職業、党派・現元新別。最後の数字は市町村合併後の当選回数