航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落した事故を受け、空自北部航空方面隊の森川龍介司令官(空将)が12日、県庁を訪れ、三村申吾知事に対して「県民の皆さまに大変大きな不安を与えたことについておわび申し上げる」と陳謝し、行方不明者の捜索に全力を挙げる考えを示した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。