外国人来訪者の安全を守ろう―。弘前さくらまつり開幕を間近に控える11日、弘前市は弘前公園で、外国人を対象とした避難誘導訓練を初めて実施した。来日間もない外国人に対し、市内観光関係者が弘前大学発の「やさしい日本語」を使って誘導する全国に先駆けた訓練となる。2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどを背景に、全国的に外国人来訪者が増加する中、通常の日本語誘導を十分に理解できない、外国人への災害時の安全確保につなげる取り組みで、市などは今後、その安全性や有効性を検証していく。
【写真説明】「やさしい日本語」を使って外国人観光客役を誘導した避難誘導訓練

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。