弘前市は11日、新元号「令和」初日となる5月1日限定で、本庁舎の市民課に婚姻届専用の臨時窓口を開設すると発表した。時代の節目となる日に、多くの婚姻届の提出が想定されることから実施する。同日の記者会見で明らかにした櫻田宏市長は「心を込めて受け付ける」と述べた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。