第14回全日本伊達クラシックバレエコンペティションMIYAGIが3月26~28日、仙台市の日立システムズホール仙台で開かれた。大会には8部門に全国から246人が出場。弘前市のアカネバレエ教室(桜庭茜根主宰)に所属する兼平智衣さん(聖愛中3年=出場当時、以下同)と石黒結子さん(弘大附属中2年)が高評価を受け海外留学を決めるなど、生徒たちが優秀な成績を収めた。
 2人はジュニアAⅡ(14~15歳)の部に出場。兼平さんは「眠れる森の美女 第3幕 オーロラ姫」で2位入賞。観客の投票で高評価を得た出場者に贈られるオーディエンス賞も受け、英ロンドンスタジオセンターへの留学を決めた。石黒さんは4位入賞し、伊バーリサマーインターナショナルバレエセミナーへの参加が決定した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。