航空自衛隊三沢基地に所属する最新鋭ステルス戦闘機F35Aの墜落から一夜明けた10日、基地がある三沢市では情報把握などの対応に追われ、市民からは「想像していなかった」と動揺の声が聞かれた。市や基地周辺住民は基地や国へ再発防止に向けた要請を行い、早急な原因究明と整備点検の徹底を求めた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。