今冬(2018年12月~19年3月)の弘前市は、2月中旬ごろまで冬型の気圧配置が続き、上空に強い寒気が流れ込んだため平年より積雪がかなり多く、同月12日に最深積雪が今冬最高の86センチとなった。同月中旬以降は一転して高気圧に覆われる日が多く、降雪も17日から3月7日まで19日間連続で0センチを記録。気温も平年に比べて高めに推移したため雪解けが急速に進んだ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。