西北地域を中心に伝わる郷土料理「すしこ」は、もち米と一緒に赤ジソやキャベツ、キュウリなどを漬けて発酵させた、稲作地帯ならではの「米の漬物」。全国でも例を見ないこともあり、多くのテレビ番組で取り上げられるなど注目を集めている。昔ながらの味付けを一般受けするよう変えた生産者もおり、若い女性を中心に一定のリピーターを獲得、人気がじわじわと広がり続けている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。