県内の統一地方選は県議選が終了し、後半戦に突入する。任期満了に伴う弘前市議選、黒石市議選は14日、板柳町長選・町議補選、深浦町議選、西目屋村議選は16日にそれぞれ告示され、いずれも21日に投開票が行われる。弘前市議選は、昨年4月に櫻田宏市長が就任後初となり、与野党勢力の再編につながるかが焦点の一つ。黒石市議選は前回選に続き選挙戦となる見込みで、各市町村議選はいずれも激戦が予想される。板柳町長選は現職と新人の一騎打ちの公算が大きい。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。