弘前市の社会人サッカーチームブランデュー弘前FCは6日、同市百沢の岩木山神社を訪れ、東北社会人サッカーリーグ1部の2019シーズン必勝を祈願した。
 必勝祈願は今年初めて行った。トップチーム選手や内藤就行監督、クラブを運営するNPO法人弘前Jスポーツプロジェクトの黒部能史理事長ら約30人が参加。拝殿で神職が祝詞を読み上げた後、黒部理事長、内藤監督、濱中大主将が順に玉串をささげた。
 今季のリーグ開幕戦は28日、弘前市運動公園球技場で猿田興業(秋田)と対戦する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。