今年度、共学校になった弘前市の柴田学園高校(旧柴田女子高校)で6日、初めての入学式が行われた。男子51人を含む160人が、希望を胸に新たな一歩を踏み出した。
 新入生を代表して木村隼介さんが「正しい知識を身に付け、個性を伸ばして活躍できるように精進する。共学校となっても変わることのない、柴田やす先生がつくり上げた建学の精神を身に付けたい」と力強く宣誓した。
【写真説明】新入生を代表し、力強く宣誓する木村隼介さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。