統一地方選前半戦の県議選(定数48)は7日に投票が行われ、即日開票される。3月29日の告示以降、無投票となった6選挙区を除く10選挙区では、残る40議席をめぐり52人が競り合っている。津軽地方は多くが激戦区となり、当落線上に複数が並んでいる複数人区もあるとみられる。無党派層の動向が勝敗を分ける可能性も高く、「選挙イヤー」序盤の大一番は最後まで予断を許さない状況だ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。