国連が定める世界自閉症啓発デーの2日、県や県自閉症協会(馬渕豊美会長)などは青森市の県観光物産館アスパムを青色にライトアップし、自閉症への理解を訴えた。
 ライトアップは世界各地のランドマークなどで行われ、青色は「癒やし」や「希望」を表している。アスパムのライトアップは2014年度から毎年続けている。
【写真説明】自閉症について知ってほしいと、青色でライトアップされたアスパム

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。