「平成」に代わる新たな元号が「令和」になると発表された1日、多くの人が関心を持って新元号のニュースを受け止めた。津軽地域の住民からは「響きが新鮮」など好意的な反応が聞かれたほか、従来のように天皇陛下の崩御によるものではない改元に対し、「素直に喜べる」といった声もあった。
【写真説明】新元号発表の様子を一斉に映し出す家電量販店のテレビ売り場=1日午前11時40分ごろ、弘前市高田4丁目のケーズデンキ弘前本店内

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。