弘前市の津軽藩ねぷた村(中村元彦理事長)は1日、「新元号記念金魚ねぷた」の制作を始めた。黄金色の体につり下げられた短冊には毛筆で「令和」と書かれており、新時代の幕開けを祝福するかのようなきらびやかな姿に仕上がっている。発売は20日。
 サイズは小(直径6センチ)のみで、価格は1200円(税込み)。500個の数量限定。青森市の県観光物産館アスパム内の青森県地場セレクトでも取り扱う。
【写真説明】20日に発売される新元号記念金魚ねぷた

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。