第19回ちびっこ手踊り王座決定戦(陸奥新報社主催、みちのく銀行特別協賛)が31日、弘前市民会館で開かれた。今年は県内各地から5~15歳の踊り手が集結。表情豊かに堂々と踊り、観客を沸かせた。審査の結果、組踊りの部は津軽よされ節を踊った弘前石川流やまぶき会=弘前市=が連覇を果たし、個人の部は南部追分を踊った小柴瑩子社中の中城里奈さん(14)=八戸市=が王座に輝いた。
【写真説明】優美で息の合った舞を披露し、組踊りの部で2年連続6度目の王座に輝いた弘前石川流やまぶき会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。