全国的に若い世代の投票率低下が大きな課題となる中、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられて以降、初めての統一地方選がスタートを切った。30日には県議選の期日前投票も始まり、関係者は啓発に力を入れている。その一方で、期日前投票制度の周知が、まだまだ足りないと指摘する声もあり、専門家や関係者たちは「期日前投票は気軽にできる。どんどん活用してほしい」と呼び掛ける。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。