2019年シーズンはフィールド外でも大活躍する―。プロ野球の埼玉西武ライオンズは28日までに、外崎修汰選手(弘前市出身)が新たに社会貢献活動を始めると発表した。19年シーズン公式戦で自身が盗塁を一つ決めるごとに1万円を「子ども食堂をはじめとした子どもたちの居場所づくり支援」のために寄付する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。