つがる市のボランティア団体「チームなないろ」(川村沙織代表)は、多世代が交流し一緒に昼食を楽しむ「憩いの広場 ここまる」を五所川原市内で、毎月1回ほど開いている。年齢や障害の有無などに関わらず、さまざまな人たちが笑顔で楽しめることを目的としており、回を追うごとに来場者も増え、新たなコミュニティーの輪が広がっている。
【写真説明】子どもから高齢者までが、食事を通じて交流を深めた

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。