県漆器協同組合連合会(石岡健一会長)などが取り組む津軽塗後継者育成研修事業の修了式が27日、弘前市伝統産業会館で開かれ、約3年半にわたる研修を終えた同市の大瀬歩さん(41)が津軽塗職人としての一歩を踏み出した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。