弘前公園内の桜(ソメイヨシノ)の開花が4月19日(満開24日)と早咲きが予想される中、弘前市は25日、遅咲き品種の桜の鉢植えを園内の各門と下乗橋に並べ、まつり後半も観光客が桜を楽しめるよう取り組む考えを示した。また今年は会期中に改元を迎えることから、弘前観桜会100周年事業実行委員会(会長・清藤哲夫弘前商工会議所会頭)は改元を記念するイベントを検討しており、さまざまな仕掛けでまつりを盛り上げ、誘客を図る考えだ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。