市民団体「岩木山を考える会」(小堀英憲会長)が、弘前市内小学校の6年生らを対象にアンケートを実施したところ、回答した児童のうち、岩木山の頂上まで登った経験があったのは29%にとどまった。同会は「できるだけ多くの子どもたちが岩木山に関心を持つように、会としても協力できれば」と話している。
 アンケートは同会が初めて実施。市内全小学校に協力を依頼し、24校の承諾を得た。回答者は小学6年生763人、教職員332人で、いずれもおよそ全体の半数程度。同会が2018年12月に結果をまとめた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。