県教委は22日、2019年度の公立学校教員と県教委事務局関係の定期人事異動の内示を発表した。退職や昇任や転任、採用などを合わせた異動対象者の総数は3413人で、前年度を196人上回り、過去10年で2番目の規模となった。退職・出向は31日付で、異動は4月1日付。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。