弘前工業高校(赤井茂樹校長)機械科の生徒3人が2018年度の国家試験・2級機械検査技能検定に合格した。高校生の合格は県内では初めてで、生徒たちは「合格を知ってうれしかった。今までやってきたことが報われた」と満面の笑みを浮かべた。
 今回の検定では、本県の高校生18人が受験し、八戸工業高校の6人を含む計9人が合格した。弘前工業高校からは7人が受験し、機械科の須藤大貴さん(3年)、坂本蓮さん(2年)、下山翔大さん(同)の3人が合格した。
【写真説明】国家試験2級に合格した弘前工業高校の(左から)下山さん、須藤さん、坂本さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。