弘前市は21日、岩木文化センターあそべーるで「市ごみ減量運動推進大会」を開いた。同市のごみ排出量(1人1日当たり)は減少傾向にあるものの、依然として県平均、全国平均を上回っている。参加した町会、事業所、行政などの関係者ら約300人は連携、協働しながら、ごみの減量化に努める決意を新たにした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。