春彼岸の中日に当たる春分の日の21日、弘前市内の寺院や霊園には多くの市民らが墓参りに訪れた。同市西茂森の禅林街では、家族連れらが墓前や寺院内の位牌(いはい)堂で静かに手を合わせ、故人をしのぶ姿が見られた。
【写真説明】多くの市民らが墓参りに訪れ、先祖の霊を慰めた

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。