県内各地の公立小学校で20日、卒業式が行われた。卒業生は6年間の思い出が詰まった母校と成長を見守ってくれた教職員、保護者らに感謝しながら学びやを巣立った。
 弘前市の千年小学校(奈良充生校長)では卒業生62人(男子26人女子36人)が式に臨んだ。奈良校長から卒業証書を受け取った卒業生は、父母らに感謝の言葉やあいさつを述べ、自分の席に着いた。
【写真説明】在校生らに拍手で送られ、体育館を後にする卒業生=弘前市の千年小学校

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。