弘前大学は20日、2019年度一般入試(2次試験)後期日程の合格発表を行った。弘大の文京町キャンパスでは、合格者の受験番号が掲示され、受験生や家族らが番号を見つけるなり安堵(あんど)の表情を浮かべ、合格の喜びをかみしめた。
 弘大の後期日程は、募集人員181人に対し235人が合格した。このうち県内出身者は51人だった。
 中には携帯電話で家族に合格を伝えたり、受験番号とともに記念撮影したりする受験生の姿もあり、これから始まる大学生活に期待を膨らませていた。
【写真説明】合格を喜び、掲示された受験番号とともに記念撮影する受験生ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。