弘前大学大学院理工学研究科の岡部孝裕助教を含む研究グループが、皮膚がんの進行度を熱伝導率で判定することに成功し、熱伝導率を用いた皮膚がんの新たな検査機器を開発した。今後、医療機器としての実用化を目指す。熱工学と医学を融合した医工連携による研究で、医師でも進行度の診断が難しい場合があるとされる皮膚がんの早期発見、治療につながると期待される。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。