18日は春の彼岸の入り。前日17日の県内は気圧の谷や寒気の影響で気温が上がらず、弘前市では雪が舞う中で墓参りをする市民の姿が見られた。
 青森地方気象台によると、同日の弘前市は最高気温が3月上旬並みの4・9度までしか上がらず、未明からの降雪で一時1センチの積雪を記録した。
【写真説明】墓前で手を合わせる家族=17日午前11時45分、弘前市小沢の市墓地公園

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。