板柳町と青森銀行、みちのく銀行、青い森信用金庫が15日、板柳町健康推進協定を締結した。町が「健康推進事業」と認定した町内の事業所に対し、町と各金融機関が健康への取り組みや業務を応援する試み。町によると、3者とも健康分野に関する自治体との協定は、町村部では初という。
 健康診断やがん検診受診の奨励、受動喫煙防止など数点の規定を満たす事業所に対し、町は健康づくり講座への講師派遣、役場に備え付けられている「血流依存性血管拡張反応(FMD)」検査機の貸し出しなど、金融機関は運転資金融資の金利引き下げなどのサービスをそれぞれ行う予定。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。