深浦町が昨年に続き、プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの1軍公式戦に冠協賛することが決まった。5月14日、仙台市の楽天生命パーク宮城(県営宮城球場)で開かれる北海道日本ハムファイターズ戦で「白神山地とマグロの町・深浦町スペシャルデー」を開催する。
 昨年のナイターに代わって今回は午後1時からのデーゲーム。スタジアム内設備を活用して球場を〝深浦一色〟とし、自然やマグロなど町の魅力をPRする。
 当日は午後1時からの開催。主な内容はスタジアム内大型ビジョンなどを活用したPR、スタジアム正面へのPRブース設置など。始球式では今回、吉田町長に代わって、新日本プロレスの棚橋弘至選手が投球する。
 4月上旬には、町内外200人を対象に無料観戦の募集を開始する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。