14日の県内は上空を低気圧が通過した影響で西よりの風が吹き、断続的に雪が降る荒れた一日となった。
 青森地方気象台によると、同日の最高気温は弘前4・1度、黒石3・5度など2月下旬~今月上旬並みとなった。弘前では午前9時18分に最大瞬間風速16・8メートルを記録し、ゼロとなっていた積雪深が13日夜からの降雪で一時4センチとなった。青森では9センチ、五所川原では2センチを観測した。
 同気象台によると、15日夜から再び低気圧が本県上空に接近するため、広い範囲で雪または雨となる見込み。
【写真説明】雪が降る中、足早に歩く市民ら=14日午前10時20分ごろ、弘前市駅前2丁目付近

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。