県教委は13日、8日に実施した県立高校入学者選抜試験の数学の作図問題について、模範となる解答例を変更すると発表した。採点基準自体に変更はなく、県教委学校教育課は「学力検査の採点に影響はないと考えている」としている。今回の試験をめぐっては、これまでに国語と理科で採点基準を修正しており、相次ぐ変更に県内の中学校教諭からは問題作成の際の確認作業徹底を求める声が上がっている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。