2019年度国公立大学一般入試(2次試験)の後期日程が12日、全国で始まった。県内は弘前大学と県立保健大学で試験が行われ、受験生たちが難関突破に挑んだ。
 弘大文京町キャンパスでは午前8時すぎ、小雨が降る中で緊張した表情の受験生が次々と会場入りし、付き添いの保護者らが心配そうな面持ちで見送った。受験生は各科目や小論文の試験に臨んだ。
【写真説明】受験票を手に試験会場に入る受験生たち=12日午前8時15分ごろ、弘大文京町キャンパス

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。