11日午前0時ごろ、弘前市大森字勝山、農業八代光弘さん(77)方から出火し、木造モルタル一部2階建ての住宅約270平方メートルを全焼した。焼け跡からは女性2人、男性1人と性別不明の1人が遺体で見つかった。八代さんの妻(69)が一酸化炭素中毒や気道熱傷などで市内の病院に運ばれたが命に別条はなく、八代さんは敷地内の別の建物におり無事だった。
 弘前署などによると、4人の遺体のうち、女性2人と性別不明の1人は、1階部分で見つかった。八代さんは妻と娘(46)、孫の18歳と16歳の男性、17歳の女性の6人暮らし。娘と孫3人と連絡が取れなくなっており、同署は4人の遺体が八代さんの娘らの可能性があるとみて、身元の確認を進めている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。