「助けて―」。誰のものとも分からない叫び声が真夜中の集落に響いた。11日未明に発生した弘前市大森勝山の住宅火災は、焼け跡から4人の遺体が見つかる痛ましい事態となった。付近住民らは数本の柱と屋根だけを残して燃え尽きた八代光弘さん(77)方を見詰め「仲の良い家族だったのに」と声を詰まらせた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。