10日の県内は高気圧の影響で最高気温が3月下旬~4月下旬並みに上がり、平川市碇ケ関などで今年最高を記録した。青森市では好天で雪解けが進み、青森地方気象台は同地の観測地点で同日午後3時30分に「積雪なし」になったと発表した。
 10日の青森市は最高気温11・5度を観測し、合浦公園では、散歩を楽しむ家族連れが多く見られた。
【写真説明】好天に恵まれた青森市。合浦公園では散歩する家族連れのほか、自転車に乗る子どもたちも多く見られた=10日午後1時40分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。