津軽三味線界の大御所で、日本郷土民謡協会から名人位を贈られた澤田勝秋さん(弘前市出身)の受章祝賀会が9日、都内のホテルで行われた。民謡歌手や津軽三味線奏者、門下生ら約300人が澤田さんの栄誉をたたえるとともに、民謡界のけん引役としての活躍を祈った。
 祝賀会は澤田さんが門下生とともにじょんから節を合奏して幕開け。発起人らのあいさつに続き、同協会の加藤訓会長が「澤田さんをぜひ人間国宝にしたい。会場の皆さんで盛り上げてもらいたい」と呼び掛け、澤田さんに名人位を授与した。
【写真説明】澤田さんと門下生の合奏で幕を開けた祝賀会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。